カーテン前を勤める実力

どこかで「幕前芸人」という言葉を耳にしたことがある。豪華なセットに大勢のダンサーを使った場面が終わり、舞台転換をする間、幕の前で演じるパフォーマーのことである。これだけだとただの「場繋ぎ」の為のどうでもいい場面のように思えるが、実はこの幕前こそ実力が問われる重要なポジションであったりする。古くはヴォードビルの舞台や、レビューの世界ではこの幕前が芸人の腕の見せ所になっていたのである。

舞台転換のため、中割り幕は舞台の前方にあるので演じるスペースもあまりないことが多い。この質素な状態で次の舞台の準備ができるまでの間、お客のテンションを落とさずに次に繋いでいくには、パフォーマーの魅力がなくては勤まらない、ある意味一番過酷な出番なのかもしれない。

アメリカのヴォードビルは1880年代から1930年代ぐらいまで栄えた寄席劇場で、歌や踊り、小芝居に曲芸など、いろんな出し物が見られるヴァラエティーショーであった。あいにくその時代はまだ映像技術が発達していなかったので資料が少ないが、そのヴォードビルが衰退する原因になったトーキーが主流になるとミュージカル映画が作られるようになり、ヴォードビルの時代を題材にした映画が沢山作られ、そのヴォードビルの幕前芸人の雰囲気がわかる映像がけっこうある。

日本でこの幕前の演出を巧みに活かした舞台芸術を宝塚のレビューのスタイルにも見受ける事ができる。宝塚こそ、その大きなステージで豪華絢爛なセットの場面があるので、どうしても幕前が必要になる。傑作レビューを多数手がけた演出家、故小原弘稔のレビュー作品では、かならずカーテン前で若手スター候補たちや、スターに場を勤めさせるチャンスを与えていた。カーテン前を充実させることができたら一人前になった証拠でもあったのである。

芸の実力を見せるだけなら舞台前面を使った素舞台でも同じことであるのだが、幕が閉まっていた方がなぜか魅力的であったりする。ひとつはエリアが狭いほうが、そのパフォーマーの芸に集中できるからであろう。それと、次の大きな見せ場が控えているという期待感もあるからかもしれない。

「Folies-Bergère」1935年

フランス出身で、アメリカでも人気のあった歌手、モーリス・シュバリエの歌。映画タイトルの後、登場するシーンで、彼の個性あるキャラクターが際立っている。

「Tin Pan Alley」1940年

ハリウッドで人気のあったベティー・グレイブルとアリス・フェイの歌と踊り。幕前で踊る小粋なタップダンスが軽くていい。スター性がなければ勤まらない場面である。

「Mother Wore Tights」1947年

ダン・デイリーとベティー・グレイブルのダンスナンバー。ソングアンドダンスマンは幕前芸人の見せ場であった。

「Ed Sullivan Show」 1950年代

テレビのバラエティーショーでもヴォードビルの流れが取り入れられていて、セットなどない幕前で芸を披露するエンターティナーが多かった。この タップダンサーはWalter Long。

「宝塚レビュー90」

前景の大きなナンバーが終わり、舞台転換の為に紫苑ゆうがカーテン前に登場。銀橋を渡りながら、彼女のオーラで観客を次の場面に繋いでいく。

陸の竜宮 日本劇場

日本劇場(日劇)現在、有楽町マリオンがある場所に、かつて日本のショービジネスのメッカであった大劇場があったことを知る人も少なくなってきた。その名は「日本劇場」。通称「日劇(ニチゲキ)」と呼ばれ一般大衆に親しまれていた。通りに面した正面が半円状になった独特のデザインで有楽町のシンボル的な建物でもあった。

 

開場は昭和8年12月で、日本映画劇場株式会社が開業したが、すぐに営業不振で、最終的に東宝が運営に乗り出し軌道にのった。基本は高級映画館であったが、ニューヨークにあるラジオシティーミュージックホールのようにステージショーと映画がセットの興行形態が基本であった。実業家で興行師だった秦豊吉の指揮の元に日劇ダンシングチーム(通称NDT)が結成され、戦前からレビューが上演されるようになる。宝塚歌劇団、松竹歌劇団(SKD)などが女性のみの団員で構成されていたのに対しNDTは男女混合の舞踊団であった。

日劇戦争中は「東宝舞踊隊」と名称を変え、戦時色の濃い内容のレビューをおこなっていたが、戦後は「春のおどり」「夏のおどり」「秋のおどり」の三大レビューを恒例として昭和40年代頃まで人気を博していた。

チームにはダンスナンバーのメインを張る幹部はいたが、宝塚のようなトップスター扱いはなく、雪村いずみ、ペギー葉山など有名な歌手をゲストに招くのが日劇レビューのスタイルであった。内容は松竹歌劇団と似ていて、日本物から洋舞、民族舞踊まで幅広く、ラインダンスも売りの一つであった。

男性のダンサーがいる為、かなり高度なリフトが多用され、女性だけのレビューにはない迫力もあった。日劇の5階にあった日劇小劇場は戦後改装され日劇ミュージックホールという高級ヌード劇場として再開。大人のレビューを上演していた。

120103_135606_import 日劇の舞台は東京宝塚劇場や浅草国際劇場に比べると間口や奥行きもなく狭かった。回り舞台などもないかわりに舞台前面に大セリがあり、舞台が下がると横から蓋をするようにスライディングしてくるステージがあったのが特徴的であった。昭和30年代にはそのセリにプールを作り、水中バレエも試みたことがある。全盛期には250人を越える団員が舞台いっぱいに並び、まさにグランドレビューをくり広げていた。

 

レビュー興行の合間には有名歌手のリサイタルなどがおこなわれ、日劇の舞台に出る事は一流芸能人のステイタスであった。戦後、アメリカが日劇を進駐軍専用の劇場にするため接収を要求したが、東宝はかわりに東京宝塚劇場を提供して、10年間「アニーパイルシアター」として使用された。それだけ日劇は国民の娯楽のメッカであったということである。

 

120103_141646_import昭和50年代に入ると娯楽の多様化でレビューは人気がなくなり、セットや衣装、大勢の出演者を必要とするその舞台芸術は経営困難に陥る。唯一その境地から抜け出したのが宝塚歌劇団で、ベルサイユのばらのヒットで活気を取り戻していく。レビューよりミュージカルの需要があると考えたNDTとSKDも、それぞれミュージカルを試みるが、本来レビューのみを上演してきたので成功せず、日劇は昭和53年でレビュー興行を中止し、昭和56年に地域の再開発を理由に取り壊された。同時にNDTは正式に解散になった。

120103_141357_import日本のショーダンスはこの日劇で花開いたと言っても過言ではない。特に男性ダンサーが一流のプロとして活躍できる場所は限られていた。ジャニーズのように歌手が踊るようになるのは昭和40年代ぐらいからで、それまでは日劇が男性ダンサーの活躍の場所であったことはまちがいない。

 

 

「おヒョイさん」の愛称で知られる藤村俊二、マツケンサンバで知られる真島茂樹もNDT出身である。日本のダンスの歴史を語る上で忘れてはならない日劇の存在をここに記しておく。

下町に花開いたレビューの殿堂 浅草国際劇場

 かつて宝塚歌劇団とその人気を競った松竹歌劇団。通称「SKD」ということを知る人もだんだん少なくなってきた。大阪に松竹座が会場した時に「松竹楽劇部」という男女混合の出演者でショーをやるグループが誕生。やがて東京にも楽劇部が作られ、水ノ江滝子(愛称「ターキー」)が短髪の男装で一躍スターになり、やがて女性だけでレビューをやる「松竹少女歌劇団」になってゆく。(大阪の楽劇部は大阪松竹歌劇団(OSK)となる。)その松竹少女歌劇団のホームグランドとして昭和12年に建てられたのが浅草国際劇場であった。初期の頃は収容人員5000人ともいわれ、舞台の間口が15間という、宝塚大劇場よりも一回り広いステージに最盛期は250人の出演者で豪華なレビューがくり広げられていたのである。

img_0001

img_0004-3
 女性が男役もやる「女性だけの劇団」として、宝塚と比較される対象であったが、その興行形態はまったく違っていた。宝塚が芝居物とレビューの2本立てが基本であったのに対し、SKDは初期の頃こそオペレッタ的な作品もあったが、基本は90分ぐらいのレビューだけで、松竹の封切映画作品が付いてきた。これはアメリカの映画館が「アトラクション」と呼ばれるステージショーと映画をセットで見せる興行形態が主流だった時代があり、そのもっとも有名な劇場がニューヨークにあるラジオシティーミュージックホールであったので、当時の松竹がそれをお手本にしたと考えられる。国際劇場の入り口の上には「松竹映画、豪華実演」という看板もあった。この映画と実演の興行形態は日本劇場(通称「日劇」)も同じであった。「歌舞伎踊り」(のにち「春のおどり」)、「東京踊り」「夏の踊り」「秋の踊り」の4大踊り(後に春はなくなり3大踊りになる)が基本で、各公演2ヶ月ぐらい上演されていた。「東京踊り」は一番予算をかけた舞台が売りで、「夏の踊り」は舞台で本物の水を使い、フィナーレに大きな滝や噴水が登場して涼味を演出。「秋の踊り」は芸術性を重視した公演となっていた。

img_0002
 どの作品でも国際の大きな舞台を活かした豪華なセットが売りでもあった。特にセットデザイナーの三林亮太郎氏のデザインが素晴らしかった。
 その松竹レビューの名物のひとつに「屋台崩し」があった。20分ぐらいの短いストーリーの場面があり(たいがいは和物)、クライマックスにお城などが火事になる設定で、綺麗な城内や宮廷の建物がどんどん崩れていく様子を、実際の火をつかわずに見せるスペクタクルであった。
 一列に並んで足を上げる「ラインダンス」もレビューには欠かせない。SKDでは通称「アトミック・ガールズ」と呼ばれ売りの一つであった。宝塚が「ロケット」と呼び、フィナーレ前に登場するが、松竹レビューでは中詰めあたりに登場させていた。宝塚とちがうもう一つの特徴はタップシューズを履いて踊っていたことにある。足を下ろす度に音がするのはとても効果的であった。

そしてステージいっぱいに「これでもか!」というぐらいの電飾と階段、吊り物の飾りで舞台を埋め尽くすフィナーレは圧巻で、そのゴテゴテ感は半端なく、これを見た後に宝塚をみると、なんと質素に感じた事か。ある意味洗練されていないとも言えなくはないが、逆にあれを越える豪華なフィナーレは世界を見回してもいまだにないといっても過言ではない。
img_0004-2

そんな国際劇場での松竹レビューが廃れていった理由はいくつか考えられる。昭和40年代後半から50年代前半はSKDに限らず、宝塚も日劇もレビューではお客が入らない時代を迎えていた。セットや衣装、多くの人間を必要とするレビュー興行は赤字が続いていた。そんな時、宝塚は昭和49年に「ベルサイユのばら」の大ヒットで成功して、その苦しい時代を乗り切ったのである。SKDも宝塚と同じような芝居とレビューの興行形態を試みようと「カルメン」「銀河鉄道999」「火の鳥」などを上演したが、ミュージカルの基盤がないSKDはあまり成功しなかった。
 宝塚が4組(現在は5組)あり、各組にトップスターがいて、数年でトップが入れ替わるという「スターの新陳代謝」がよいのに対し、SKDは幹部とよばれるトップがずっと入れ替わらなかったのも人気が低迷した原因かもしれない。
 また、宝塚が「清く正しく美しく」のモットーで、品格を重んじたところも女性に受け入れられたところだと思うが、松竹レビューはあくまでも「観光地のレビュー」であった。はとバスで来る修学旅行生や海外からの観光客を意識した内容であった為、大衆娯楽的要素が根底に根付いていたのである。
 理由はともあれ、松竹はSKDのホームグランドであった浅草国際劇場を1982年に閉鎖した。以後、SKDは歌舞伎座などの劇場で公演を続けたが、国際劇場ほどの規模では公演はできず、1990年の「東京踊り」でレビュー興行を終了し、以後ミュージカル劇団を目指すとされたが、最後は16名となり、1996年で松竹歌劇団は解散となった。
 1985年に浅草ビューホテルがオープン。かつてその場所で、日本一豪華絢爛なレビューの舞台がくり広げられていたことをここに記しておこう。

「42nd Street」的なミュージカルの組み立て方

1980年にブロードウェイで大ヒットした作品の一つに「42nd Street」があります。2001年にリバイバル上演もされ、日本でも東宝が舞台化して元宝塚の涼風真世が主演しました。
 それまでブロードウェイのステージでヒットした作品をのちに映画化するというパターンが一般的でしたが、この「42nd Street」は1933年の映画を舞台化した作品で、以後、ムービーミュージカルの舞台化というパターンが定着していきました。今回はそのアダプテーションの仕方について注目していきましょう。

 1933年に大ヒットしたミュージカル映画「42nd Street」は、田舎からブロードウェイに来たペギー・ソーヤがコーラスガールから、主演スターの代役を見事にこなすまでのストーリーで、プロデューサーの苦悩やショーの出資者、コーラスダンサーたちの舞台裏が描かれています。映画がヒットした大きな要因は、バズビー・バークレーが創造したミュージカルナンバーで、舞台の設定でありながら、空間を超越した展開で映画でしか見られないような映像を作り上げました。「バークレー・ショット」と呼ばれる、ダンサーを回り舞台に並べ上から撮影した万華鏡のようなビジュアルは、その後も定番となっていきます。そしてワーナーブラザーズはこの作品以後、同じようなミュージカル作品を沢山制作していきました。

 さて、1980年の舞台化された作品とオリジナルの映画との違いは、まずミュージカルナンバーの数にあります。古いミュージカル映画の上映時間は90分前後。一方ステージミュージカルは1部、2部合わせて2時間半ぐらいが一般的で、映画版よりも1時間長い。映画では主に3つのミュージカルナンバーが見せ場になっていましたが、舞台では当然それだけでは足らない。よってミュージカルナンバーを増やす必要があり、バズビー・バークレーが創造した他の映画で、「42nd Street」と同じ作詞アル・デュービン、作曲ハリー・ウォーレンの曲を寄せ集めてくることになります。たとえば舞台版の「We’re in the money」「The Shadow Waltz」は映画「Gold Diggers of 1933」の為に書かれた曲、「I Only Have Eyes For You」 「Dames」 は1934年の 「Dames」から、「Lullaby of Broadway」は「Gold Diggers of 1935」、「Go Into Your Dance」は1935年の「Go Into Your Dance」から借りてきた次第であります。これによって、映画の為に書かれた一つのストーリーを基盤にして、同じ作曲者の他の作品からの曲を借りて2時間半の作品に仕上げるという「寄せ集めリメイクミュージカル」が誕生したわけです。1992年のヒットで劇団四季のレパートリーになっている「Crazy For You」は舞台から映画になった「Girl Crazy」のストーリーを元に、ジョージ・ガーシュインの他のミュージカルからの曲を詰め込んで作り変えた作品。日本でも上演された「Never Gonna Dance」はアステアの「有頂天時代」を基盤にジェローム・カーンの他の曲を付け足して作った作品、「雨に歌えば」や最近の「巴里のアメリカ人」も同じ作り方だといえる。オリジナルの映画で使われている曲でも、舞台版では設定を変えて使われていることもあります。映画板に馴染んでいる人が舞台版を見ると、付け足したナンバーに違和感を感じる事があり、また舞台版から映画版を見ると、物足りなさを感じたりします。ともあれ、映画で容易にできた展開をどう舞台で表現するか、そのアイディアやセンスを見出すのも、映画を舞台化したミュージカルを楽しむポイントなのかもしれません。

参考資料
舞台版「42nd Street」で使われた他の映画からのミュージカルナンバー

We’re In The Money (Gold Diggers of 1933)

The Shadow Waltz (Gold Diggers of 1933)

Lullaby of Broadway (Gold Diggers of 1935)

人種差別の中で光を放ったダンサー  ニコラス・ブラザーズ

1940年代から50年代にかけてのアメリカの娯楽ミュージカル映画には沢山の素晴らしいダンスナンバーが残されています。映画自体はB級でつまらない作品でも、ダンスナンバーは今見ても度肝を抜くようなことも多く、時代を超えて輝いています。

 ニコラス・ブラザーズ(Nicholas Brothers)は黒人の兄弟のタップダンスチームで、1930年代後半から40年代頃までハリウッド映画に多く出演しました。兄のフェイアードFayard (1914~2006) と弟のハロルドHarold (1921~2000)は、子供の頃からニューヨークのハーレムにあったコットンクラブなどで、有名なキャブ・キャロウェイやデューク・エリントン楽団などと共演して、後にハリウッドに招かれます。
98362-004-02A6FA7F
 1930年代にすでに短編映画などに出演していましたが、大手の20世紀フォックスと契約してからメジャーなミュージカル映画に登場し、息を呑むような素晴らしいダンスナンバーを残しました。彼らのスタイルはフラッシュといわれる類で、アクロバティックなテクニックと、独特のリズム感があるタップステップによって構成されています。個性が違う二人ですが、そこは兄弟なので息が合っているのも魅力のひとつです。歌も得意なので、まさにエンターテイナーでした。70年以上前のそれらのダンスナンバーを今見てもまったく見劣りもせず、むしろ彼らを越えるタップダンサーはいないのではないかとさえ思えてきます。
nicholasbrothers
 そんなニコラス・ブラザースが出演している映画を何本か見ていると、彼らが映画の物語に何も関係していないことが見えてきます。当時のハリウッドのメジャーな映画会社はまだまだ白人社会だったので、黒人の役どころはメイドや召使がお決まりで、それ以外はナイトクラブのシーンなどに芸人として登場して歌や踊りを見せる役どころが多かった。そのようなミュージカルナンバーだけに登場する出演者は「スペシャリティー」と呼ばれていました。日本でいうと「ゲスト出演」的な意味でしょうか。聞こえは悪くないですが、そこには当時の黒人差別が潜んでいたわけです。つまり、差別が強い南部などの地域では、それらのナンバーはカットされて上映されていました。初めからカットしやすいように、物語に関係なく挿入されていたのです。主役がナイトクラブでショーを見ているという設定なら、ショーのナンバーをカットしても物語には影響がないからです。
 たぶん、ニコラス・ブラザーズが出演している映画を最初から最後まで見ても、彼らのナンバーが映画の中の最大のハイライトであり、もっとも見る価値がある部分であるのは明らかなのですが、宣伝ポスターには名前すら出ていないこともありました。
 幸いなのは、それらのダンスナンバーがフィルムに残されていて、DVDソフト化され、つまらない場面をとばして、ダンスナンバーだけを楽しむ事ができることです。今ではニコラス・ブラザーズはタップダンサーの間でレジェンドとして崇められていて、彼らのダンスナンバーも高く評価されています。

参考資料

ニコラス・ブラザーズの最高傑作場面
「Jumpin Jive」(Stormy Weather) 1943

20世紀フォックスで最初にフューチャーされた場面
「Down Argentine Way」 (Down Argentine Way) 1941

歌と最高のタップにアクロバットで見せるナンバー
「I”ve Got a Gal in Kalamazoo 」(Orchestra Wives) 1942