あまり語られることがないミュージカルスター ペギー・ライアン

ミュージカル映画の黄金期(1930~1950年代)に活躍していたのに、いまひとつ語られる事が少ないスターの1人にペギー・ライアン(PEGGY RYAN)がいます。

彼女も他の多くの子役スターたちと同じように、ヴォードビリアン(アメリカの寄席芸人)の両親を持ち、3歳ぐらいからすでに舞台に出ていました。1937年に、当時ハリウッドのスターだったジョージ・マーフィーに見出され、彼の主演作「Top of The Town」に出演するチャンスを掴み、当時13歳の彼女はその映画の中で、エレノア・パウエル並みのタップダンスを披露して、その実力のすごさを発揮しました。

以後活躍の場はハリウッドになるのですが、年齢的にまだティーンエイジャーの役には若すぎたので、しばらくは小さな役が多く、注目されることがあまりなかったのですが、1942年に同じユニバーサル映画専属だったドナルド・オコナーとグロリア・ジーンと共演した青春ミュージカル映画が当時の若者にウケて、やっと軌道にのり始めます。

同時期にユニバーサル映画はThe Jivin’ Jacks and Jillsというダンスグループをもうけ、その振付を名タップダンサーのLouis DaPronにまかせ、オーディションで選んだダンスに長けた若いダンサーを自社のミュージカル映画に出演させてました。

そのスタイルはタップダンスに当時流行っていたジタバーグを組み合わせたもので、エネルギッシュなダンスは当時の観客を圧倒しました。ペギーとドナルドもそのグループの一員でしたが、スターとして人気がでてきた為に2人はスター扱いになってゆきます。同じ頃MGMはミッキー・ルーニーとジュディー・ガーランドの青春ミュージカル映画が大ヒットしていて、ドナルド・オコナーとペギー・ライアンはまさしくユニバーサル映画のミッキー&ジュディー的存在として主演作を放っていきます。

1945年にペギーはユニバーサル映画を去り、俳優のJames Crossと結婚して男の子を授かりますが1952年に離婚。

その後に数本の映画で共演したRay McDonald(前回紹介した映画俳優)と結婚します。2人の間にも男の子を授かり、映画以外ではコンビを組んでナイトクラブなどで活動しますが、1957年にRayとも離婚。その後、ハワイのアナウンサーでコラムニストのEddi Shermanと3度目の結婚をします。それを期に一時芸能活動から引退してハワイで暮らしますが、人気テレビドラマ「Hawaii Five-O」に数年間出演。

 

晩年はラスベガスに引越し、タップダンスを教え始め、年配のタップダンスチームを作ったりして、2004年10月30日に心臓発作で亡くなる数日前までタップを教えていたそうです。ペギーは美人というよりはオールアメリカンガール的な存在で、いつも陽気で明るく、元気でコミカルなキャラクターでした。ダンスはタップが得意で、身体も利くのでどんなスタイルのダンスでもこなせました。これだけ実力があるのに、ミュージカル映画の歴史の中であまり語られない理由の一つが、主演した映画がほとんどB級娯楽作品であったことだと思います。

主に活動したユニバーサルは、どちらかというとミュージカルよりホラー映画に定評がある会社でした。ペギーのミュージカル場面は今でも十分見ごたえのあるナンバーが沢山あるのですが、彼女の出演作のほとんどがソフト化されずに今日まできているのも再評価されない理由の一つだと思います。しかし、彼女の功績はフィルムに残されていますし、最近はYOUTUBEなどでわずかならがも彼女のパフォーマンスを見ることができるので、日本はおろか、本国アメリカでも忘れ去られているスター、ペギー・ライアンに注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です