映画史に残る最高のダンスデュオチーム マージ&ガワー・チャンピオン

ミュージカルやシアターダンスを志している人なら、マージ&ガワー・チャンピオン(Marege &Gower Champion)の存在を知っておいて損はないです。
簡単に説明すると、1950年代のハウッドミュージカル映画で活躍した夫婦のダンスチームです。
ガワーはスリムでハンサム、そしてアスリートのような力強さもあります。マージは決して美人とはいえませんが、愛嬌があり、その容姿はディズニー長編アニメ「白雪姫」のモデルになったと言われています。
 IMG_0002
パラマウント映画社で「Mr.Music」という作品でその華麗なるダンスを披露した後、ミュージカル映画の殿堂、MGMと専属契約して印象に残る数々のダンスナンバーをフィルムに収めています。
二人のダンスはとても流動的なのが魅力です。とにかく気持ちがいいぐらい呼吸が合っています。あとリフトがとても自然なのです。
自分はダンスの中のリフトが、ちょっと不自然に感じることが多い。「はい、ここで持ち上げます!」みたいな意気込みが見えて、ダンスの中の物語の感情が高まってその流れになったように思えないことがあります。
でもこの二人のリフトは、ジェットコースターのルートのように、ダンスの流れの中に自然に流れて入ってくるのが素晴らしいのです。これも是非YOUTUBEなどでご覧頂きたいポイントです。
ブロードウェイミュージカルの映画化作品、「ショーボート」、「Lovely To Look At」などでの技量の素晴らしさを認められた二人にMGMは主演作「Everything I Have Is Yours」(日本未公開)を制作。
しかし映画の主役というのはダンスの技量とは別の、ある種のカリスマ性がないとダメで、興行的にはあまり話題にはならなかったようです。
その後もMGMで助演的位置づけで数本の映画に出演していますが、1955年のコロンビア映画「私の夫(ハズ)は二人いる」(原題「Three For The Show」)を最後に映画界から遠ざかっています。
以後はテレビ番組などに活躍の場を移していきますが、1973年に二人は離婚します。
ガワーは1940年代の終わりごろからブロードウェイ・ミュージカルの演出も手がけるようになります。彼が手がけた代表作に「バイバイバーディー(1960)」や「ハロードーリー(1964)」などがあり、確実なヒットメーカーのようにも見えますが、実は失敗作も数多くあります。
そんな中で一番有名なのは、なんと言っても「フォーティーセカンドストリー(1980)」でしょう。
しかし血液の癌の為、初日の朝に息を引き取るという、まるでドラマのような最後を迎えたのでありました。
チャンピオン夫妻の素晴らしさを理解していただくには、やはりダンスナンバーをご覧頂きたく思います。「Lovely To Look At(1952)」から3ナンバーをご紹介します。
「Somke Get In Your Eyes」では星空のような美しいセットで流れるようなデュオを見せてくれます。

「I Won’t Dance」は軽快でコミカルなナンバーで、二人のベストシーンのひとつだと思います。

「Yesterdays」はちょっとミステリアスでホットなダンスシーンで、二人のからみの見事さがよくわかるナンバーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です