ロバート・アルトンの見えない功績

アグデス・デミル、ボブ・フォッシー、ジェローム・ロビンスなど、世にその存在を示し賞賛を受ける振付氏がいる一方で、あまり取り上げられる事もなく、はっきりした功績が評価されない人物がいる。ロバート・アルトンもそんな中の1人で、今やネット社会で検索すれば何でも情報が入る時代だが、ローバートの事は大雑把なプロフィールだけで、振付師としての詳しい情報や画像が極端に少ない。

alton1
Robert Alton(1902~1957)は、ほとんどの振付師がそうであるように、ブロードウェイの舞台から振付師になり、「Anything Goes」「Du Barry Was A Lady」「Pal Joey」などのヒット作の振付を手がけ、やがてハリウッドに招かれて、MGMなどの大手の映画会社が作るミュージカル映画の振付に携わった。
s-l1600

一般的にロバートの功績のひとつとして、それまでユニゾンを踊るだけのコーラスダンサーの振付に、ソロのセクションをフューチャーしたり、グループごとに見せ場を作るなどの構成を取り入れたと言われている。またバレエとタップに長けていたので、その両方が活かされているのも振付を見ると理解できる。

ジャック・コールやボブ・フォッシーが、その独特のボディーラングエージで個性を発揮しているのに反して、ロバートの振付には特別な特徴がないように見受けられるが、ペアダンスの振付などを見ていると、その巧みに気持ちよく流れるステージング、計算されたポジションの入れ替わりなどが見事で、それらがあまりにも自然に見えるので、ロバートが特別に評価されない理由ではないかと思う。しかし振付などをする人がみれば、それがいかに難しく、数々のアイディアとセンスの良さが際立っているか理解できると思う。

「イースターパレード」(1948)の中の有名なアン・ミラーの見せ場「Shaking The Blues Away」のナンバーもロバート・アルトンの振付とされている。当然アン・ミラーも振付に携わっていると思うのだが、どこまでがアルトンの振付で、どこがアンなのかの明確なところは推測するのみである。しかしロバートがいたことで、あの名作タップナンバーが仕上がったことは間違いない。

また同じ映画のフレッド・アステアとジュディー・ガーランドの「A Couple of Swells」やジーン・ケリーとジュディーの「踊る海賊」の中の[Be A Crown]のナンバーを見ると、歌に合わせた振りという程度で、振付とはみなされないかもしれないが、そこにもロバートのセンスが活かされているはずで、多くの人がこの名作ナンバーを覚えている影に彼の存在があるのだと思うと、ある意味「職業振付師」として徹していた一面も感じられる。統制の取れた躍動感があるアンサンブルの振付、個人の技量を最大に活かしたソロやデュオのナンバー、ダンスの技量がないスターの歌振りと、オールマイティーに才能を活用した名振付師、ロバート・アルトンの影の功績を意識しながら、映画に残されたそれらの作品をぜひご覧になってみてください。少しず彼のセンスが見えてくると思います。

参考映像リスト
この二つのデュオナンバーを見ると、ロバートの振付のひとつの特徴が見えてくる。

[The Best Things Happen While You’re Dancing] (White Christmas 1954)

[It’s a Lovely Day Today] (Call Me Madam 1953)

ダンスとタップの両方が際立っている振付の例
[Something to Dance About] (Call Me Madam 1953)

[Whewe Did You Learn To Dance] ( I Love Melvin 1953)

[Choreography] (White Christmas 1954)

[Abraham] (White Christmas 1954)

アン・ミラーの最高のタップナンバー
[Shaking The Blues Away] (Easter Parade 1948)

ミュージカルナンバーとして古典的になっているナンバー

[Be A Crown] (The Pirate 1948)

[A Couple of Swells] (Easter Parade 1948)

ロバート・アルトン本人がグレタ・ガルボの相手役で登場する場面
(Two-Faced Woman 1941)

シアターダンスの父  ジャック・コール(JACK COLE)

ミュージカルが好きな人、シアターダンスに興味がある人ならボブ・フォッシーの存在を知らない人はいないでしょう。しかしジャック・コールになると、日本ではフォッシーほどの認知度がないようなので、今回はこの人物にスポットライトを当ててみます。

 

JACK COLE(1911~1974)はアメリカ人の振付師で、1930年代から60年代ぐらいまでブロードウェイとハリウッドで活躍しました。その中で多彩な功績を残しているので、その代表的な特徴を取り上げてみます。

jack1

一番特徴的なのは、インド舞踊、タイ舞踊などのエスニックな要素をジャズダンスに取り入れて、独自のスタイルを確立した事です。民族舞踊というのは、音楽に馴染みがなく、若干見ていて飽きる事がありますが、ジャックはそのボディーランゲージの面白さをジャズなどのノリのいい音楽にのせショーダンスとして確立しました。

jack2

振付の展開が速いので飽きる事がない。それは宝塚が日舞を洋楽で踊り、和物レビューのスタイルを確立した事と似ている。その振付の魅力は「キスメット」という作品の中のダンスナンバーによく現われています。

「キスメット(Kismet)1955年MGM」

ジャックのインド舞踊の要素を取り入れた振付の代表作品

一時期、「ヴォーグ」というダンスが流行りましたが、その元祖的な要素がジャックの振付の中に見受けられます。1カウントごと切り返すように展開する動きの面白さがあり、今みても古さを感じさせません。

「I-Don’t-Care-Girl(日本未公開)1953年Fox」

1カウントずつ切り返すような巧みなジャックの振付。

ブロードウェイの舞台で成功したジャックは、1940年代にハリウッドに招かれました。大手映画会社のコロンビアは、ジャックをコーチにして専属ダンサーの養成をさせました。それまでは、映画会社がダンサーを必要な時だけ集めていましたが、コロンビアは専属ダンサーを持ち、映画出演がない時でもジャックから厳しい訓練を普段から受けていました。

「今宵よ永遠に(Tonight and Every Night)1945年コロンビア」

コロンビアでダンサーを訓練していた頃の映画。主演のリタ・ヘイワースとペアで踊っているのがジャック・コール本人。

ジャックの振付は高度な技術を必要とする反面、ダンサーとして技量があまりない大スターの振付を手がけている事も注目すべきところで、マリリン・モンローの振付にその功績を見る事ができます。ジャックはモンローが魅力的に見えるようなジェスチャーなども指導していたようで、モンローもジャックを信頼していたと言われています。踊れるダンサーをうまくはべらせスターを引き立てるテクニックをジャックはよく心得ていました。アーティストであると同時に職業ダンサーとしての才能もあったと言えます。

「ショーほど素敵な商売はない(There’s No Business Like Show Business)1954年Fox」

まわりのダンサーをうまく踊らせてマリリン・モンローを引き立てていることがわかるナンバー。

ジャック・コールがあまり知られていない原因のひとつに名作がない事があると思います。彼が携わったハリウッドミュージカル映画はB級作品が多い。そして日本未公開作品が多いのも我が国で知られていない理由のひとつでしょう。しかし、たとえB級作品でも、フィルムに彼の素晴らしい振付が残されたことが幸いだと言えます。

 

ビデオカメラなどが普及する前は、ブロードウェイの舞台の振付は、その公演が終わると失われていくのが常でした。1980年代にリー・セオドアがアメリカンダンスマシーン(ADM)というカンパニーを立ち上げ、それらの失われていく名振付を保存してパフォーマンスをする活動を開始し、ジャック・コールの振付も復元していきました。日本にも何度か来日公演を行い、新宿コマ劇場の下にオープンしたシアターアプルの杮落とし公演が、ジャック・コールの振付を集めたミュージカル「JACK」でした。

 

後にボブ・フォッシーと結婚するグエン・バードンはジャックの片腕的存在であったし、マット・マトックスもフランスで亡くなるまでジャックのスタイルを継承し続けました。後のシアターダンスに多大な影響を与えた振付師、ジャック・コールは、後のボブ・フォッシー、ジェローム・ロビンス、マイケル・ベネットなどと共に、シアターダンスの功績者として日本でももっと認知されるべき存在である。

 

 

ピンナップガール - ベティー・グレイブル(Betty Grable – Pin Up Girl)

第二次世界大戦中にアメリカでもっとも人気のあった映画スターの1人にベティー・グレイブルがいる。20世紀フォックス社のドル箱スターとして約10年間ハリウッドで活躍しました。後ろ向きで振り向いた写真がもっとも有名で、ピンナップガールの代名詞的存在でもある。

betty2

あまり聞きなれない言葉だが、今風にいうとグラビア・アイドルでしょうか?(それすらも古いかも?)兵士たちがグラマーな女性の写真をピンでとめて飾ったことから、それらの女性モデルのことを「Pin-Up Girl」と呼ぶようになりました。その写真のベティーの脚線美が話題になり、ハリウッドにあるチャイニーズシアターのスターの手形、足型のセメントには、ベティーだけ特別に足型ではなく脚線美を残しています。

betty1

そんな1940年代を代表するほどの大スターだったのに、日本ではまったく知られていないのが事実。理由のひとつは、戦時中だった為に主演作品のほとんどが日本で公開されていない事、もうひとつは名作的な映画がないからだと思います。戦時中のアメリカの娯楽映画は、物語はあまり重要ではなく、兵士が喜ぶような美人でグラマーな女性の歌や踊りが盛り込まれたミュージカル映画が主流でした。ベティーはまさにその分野で大活躍したわけです。

 

アイドルというのは人を惹き付けるだけの魅力の方に重点が置かれるがため、アーティストとして過小評価されることがよくある。ベティーもその類で、フレッド・アステアやジーン・ケリー、ジュディー・ガーランドといった連中と同格とみなされることはない。そこまでいかなくとも、せめてもう少し彼女の功績を理解してもいいのではと思うのである。

betty 3

28本ぐらいある主演作品の中で、ベティーは実にいろんなスタイルのダンスを踊っています。ペアダンスからバラード、タップダンスと何でもこなせる技量をもっていました。ベティーと共演したことがあるコンドス・ブラザーズのスティーブ・コンドスから「ベティーは人として最高で、どんなタップのステップでもこなせた」と話を直接聞いたことがあります。

 

ダーンヒルズと言うタップトリオとも共演していますが、まったく見劣りもせず一緒にステップをこなしている。フレッド・アステアの振付師として知られるハーメス・パンともいくつかの映画でデュエットを踊っています。シアターダンスの父と言われたジャック・コールも彼女の主演作の振付を担当している。どのナンバーも彼女の人柄と魅力に溢れていて、サラッとこなしているように見えるので、その技量の凄さに気づかないのかもしれない。言い換えればエンターテイメントとは、そういう努力を見せないものなのではないか。

 

1930年代から小さな役で映画に出演していたが芽が出ず、一度ブロードウェイに戻り「デュバリーは貴婦人」で注目されてから20世紀フォックスが目を付け、主演作を出すと

一躍スターに!以後1950年代初め頃まで人気を誇りましたが、1955年の「私の夫は二人いる」で映画界を去りました。以後はラスベガスのショーや「ハロー・ドーリー」などで舞台にカムバックしたが、1973年に肺ガンの為56歳の若さで他界しました。

 

同じフォックスの新人スターだったマリリン・モンローとも映画で共演し、二人の不仲説が広がりましたが、実際は逆で、モンローに「(チャンスを)しっかり掴むのよ!私はもう十分味わったから」と言ったというエピソードが残っている。

 

ベティーの歌や踊りには明るさと華があり、ハリウッドの黄金時代の夢が今でも輝いている。「芸術」ではなく「娯楽」を追求したスター、ベティー・グレイブルの事をぜひ知っておいて欲しい。

 

YOUTUBEでもベティーの歌や踊りが沢山投稿されているので、彼女の魅力を知るいいサンプルになるリンクをいくつかご紹介しておきます。

 

 

「Pin-Up Girl」(1944)振付師ハーミス・パンとのブルースナンバー

「Call Me Mister」(1950) 変な日本人役から水平姿でダーンヒルズとタップのアンサンブルになる。

 

「Footlight Serenade」(1942)これも振付師ハーミス・パンとの小粋なタップデュオ


「Meet Me After The Show」(1950)ジャック・コールの振付のナンバー

映画史に残る最高のダンスデュオチーム マージ&ガワー・チャンピオン

ミュージカルやシアターダンスを志している人なら、マージ&ガワー・チャンピオン(Marege &Gower Champion)の存在を知っておいて損はないです。
簡単に説明すると、1950年代のハウッドミュージカル映画で活躍した夫婦のダンスチームです。
ガワーはスリムでハンサム、そしてアスリートのような力強さもあります。マージは決して美人とはいえませんが、愛嬌があり、その容姿はディズニー長編アニメ「白雪姫」のモデルになったと言われています。
 IMG_0002
パラマウント映画社で「Mr.Music」という作品でその華麗なるダンスを披露した後、ミュージカル映画の殿堂、MGMと専属契約して印象に残る数々のダンスナンバーをフィルムに収めています。
二人のダンスはとても流動的なのが魅力です。とにかく気持ちがいいぐらい呼吸が合っています。あとリフトがとても自然なのです。
自分はダンスの中のリフトが、ちょっと不自然に感じることが多い。「はい、ここで持ち上げます!」みたいな意気込みが見えて、ダンスの中の物語の感情が高まってその流れになったように思えないことがあります。
でもこの二人のリフトは、ジェットコースターのルートのように、ダンスの流れの中に自然に流れて入ってくるのが素晴らしいのです。これも是非YOUTUBEなどでご覧頂きたいポイントです。
ブロードウェイミュージカルの映画化作品、「ショーボート」、「Lovely To Look At」などでの技量の素晴らしさを認められた二人にMGMは主演作「Everything I Have Is Yours」(日本未公開)を制作。
しかし映画の主役というのはダンスの技量とは別の、ある種のカリスマ性がないとダメで、興行的にはあまり話題にはならなかったようです。
その後もMGMで助演的位置づけで数本の映画に出演していますが、1955年のコロンビア映画「私の夫(ハズ)は二人いる」(原題「Three For The Show」)を最後に映画界から遠ざかっています。
以後はテレビ番組などに活躍の場を移していきますが、1973年に二人は離婚します。
ガワーは1940年代の終わりごろからブロードウェイ・ミュージカルの演出も手がけるようになります。彼が手がけた代表作に「バイバイバーディー(1960)」や「ハロードーリー(1964)」などがあり、確実なヒットメーカーのようにも見えますが、実は失敗作も数多くあります。
そんな中で一番有名なのは、なんと言っても「フォーティーセカンドストリー(1980)」でしょう。
しかし血液の癌の為、初日の朝に息を引き取るという、まるでドラマのような最後を迎えたのでありました。
チャンピオン夫妻の素晴らしさを理解していただくには、やはりダンスナンバーをご覧頂きたく思います。「Lovely To Look At(1952)」から3ナンバーをご紹介します。
「Somke Get In Your Eyes」では星空のような美しいセットで流れるようなデュオを見せてくれます。

「I Won’t Dance」は軽快でコミカルなナンバーで、二人のベストシーンのひとつだと思います。

「Yesterdays」はちょっとミステリアスでホットなダンスシーンで、二人のからみの見事さがよくわかるナンバーです。

ブラジルの爆弾娘 – カルメン・ミランダ

頭に沢山のフルーツや飾りをあしらったターバンをかぶり、ジャラジャラするほどのネックレスにブレスレット、底の分厚いハイヒールを履き、吸い込まれるような笑顔で歌い踊る歌手が、かつてアメリカを一世風靡したことがありました。

彼女の名はカルメン・ミランダ(Carmen Miranda)。

IMG_0001-sIMG_0002s

「ブラジルの爆弾娘」(The BrazilianBombshell)とも呼ばれていました。ポルトガル生まれで、やがてブラジルに住むようになり、そこですでに国民的歌手になっていたカルメンは、アメリカのプロデューサーに見いだされて渡米、ブロードウェイの舞台で脚光を浴び、ハリウッドで映画出演すると一躍有名になり、アメリカで高額ギャラを取るスターにまでなりました。

20世紀フォックスと専属契約をして、最初に出演した映画「DOWN ARGENTINE WAY」ではストーリーには関係なく、3曲歌う場面が挿入されただけでしたが、彼女のイメージは観衆にインパクトを残すには十分だったようで、

次の作品「That Night In Rio」ではコミカルな役で登場。以後1940年代にフォックスのミュージカル映画には欠かせないスターになっていきます。ポルトガル訛りの英語でまくし立てるようにしゃべり、ちょっと気性が激しく楽天的な女性というのがカルメン・ミランダの典型的な役どころでした。

時は第二次世界大戦で、人々が戦争からエスケープしたい時だったので、底抜けに明るい彼女のキャラクターがウケたのは理解ができます。

でもなんといっても一番魅力的なのは歌の場面です。彼女の奇抜なコスチュームが目を惹くのはもちろんですが、歌っている時のジェスチャーが見る者を捕らえて放しません。特に手の動きにすごく表情があります。ポルトガル語で意味がわからなくても、その手のジェスチャーを見ているだけで十分飽きさせない説得力があります。

IMG_0003-s

実は最初、ダンスを紹介するこのサイトに、歌手であるカルメン・ミランダを紹介するべきかどうか少し悩みました。

歌に合わせて軽く踊りますが「ダンサー」というカテゴリーに入れるほどのダンスはしていません。そこをあえて紹介しようと思ったのは、彼女は歌だけではなく、その動きに最大の魅力があり、とてもビジュアル的なエンターテイナーであるということです。

滑らかに、時に切り返しの多い手の動きに合わせて腰を振りながら踊るカルメンのイメージがそのまま、ラテン音楽、南米風のコスチューム、そしてラテン系のショーダンスのイメージの代名詞のようになっています。

 

その派手なコスチュームや陽気なキャラクターはゲイにも大人気で、ゲイ・パレードやドラッグクィーンのショーでカルメンの扮装は定番であり、ジュディー・ガーランドに次ぐゲイのアイコンにもなっています。
「The Lady in the Tutti Frutti Hat」のリンク

またパロディーとして多くの役者が真似たり、漫画などにも登場するほどでした。

それを真似るカルメンのパロディーのリンク

そんなハリウッドが作り上げたカルメン・ミランダのステレオタイプのイメージは、本国ブラジルでは、本当のブラジルのイメージを伝えていない、滑稽なイメージをアメリカや海外に植えつけたという批判を彼女に投げつけました。

それは痛く彼女を傷つけたようですが、彼女が亡くなりブラジルで葬儀がおこなわれた時は何万人というファンが別れを惜しんで集まったそうです。

ということで、カルメン・ミランダがラテン系ダンスに与えたイメージの大きさを是非ご理解いただきたいと思います。もうこれは「百聞は一見にしかず」ですので、どうか下記動画などで彼女をご覧ください。

典型的なカルメンの手振りが見れる動画のリンク

ハリウッドで彼女が出演した作品は14本。そのほとんどが日本未公開です。どれも娯楽作品なので、名作的なものは一本もありません。だいたい一作品に2~3曲ほど彼女のミュージカルナンバーがあります。

カルメン・ミランダ アメリカでの映画デビュー作品

一番印象的なのは「The Gang’sAll Here」の中の「The Lady in the Tutti Frutti Hat」です。バナナをあしらった頭飾りで登場して歌い、途中はコーラスガールたちが巨大なバナナを手に持ち、フォーメーションを作ります。(これだけでも一見の価値あり)そして最後は彼女の頭に天まで届くほどのバナナ(舞台の書割セットですが)が伸びているというエンディングは一度みたら忘れられません。

Carmen Miranda アメリカでの映画出演リスト

1940 ­ DOWN ARGENTINE WAY

1941 ­ THAT NIGHT IN RIO

1941 ­ WEEKEND IN HAVANA

1942 ­ SPRINGTIME IN THE ROCKIES (邦題「ロッキーと春風」)

1943 ­ THE GANG’S ALL HERE

1944 ­ FOUR JILLS IN A JEEP

1944 ­ GREENWICH VILLAGE

1944 ­ SOMETHING FOR THE BOYS

1945 ­ DOLL FACE

1946 ­ IF I’M LUCKY

1947 ­ COPACABANA ( 邦題「悩まし女王」)

1948 ­ A DATE WITH JUDY (邦題「スイングの少女」)

1950 ­­ NANCY GOES TO RIO

1953 ­ SCARED STIFF (邦題「底抜けびっくり仰天」)